今日のワクワク

火の無い所に煙は立たぬ

原因と結果の関係について考えたこと

ことわざに
「火の無い所に煙は立たぬ」
があります。

例えば、クラスの中で、
「A君とBさんがつきあっている」
といううわさがたったとします。
ですが、そんな事実はない。

そんな時に、
「火の無い所に煙は立たぬ」と言って、
原因はA君とBさんのせいだとするのは
早とちりだなぁと思いました。

例えば、クラスの中に、

  1. そういう話題を求める雰囲気があった
  2. うわさ話を作る人がいた

ことも考えられます。

人との会話や、ニュースでも
1つの見方にとらわれず、
色んな方向から見えるように
心も体も柔らかくしておきたいです。
普段から柔軟体操を心がけます。

「火の無い所に煙は立たぬ」
意味:「まったく根拠がなければうわさは立たない。
うわさが立つからには、なんらかの根拠があるはずだということ」
出典:デジタル大辞泉(小学館)