今日のワクワク

オンライン英会話 その20

オンライン英会話 その20

こんにちは、himariです。
迷いましたが、英検2級を申し込みました。

また子供たちの中で大人1人かもしれないと思うと
気がひけますが何か目標がないと
惰性で英会話を続けているだけになります。

あと一か月、気を引き締めて頑張ります。

ゆくゆくは準1級も受けてみたいと思っています。
かなり今の実力と差がありますが・・・。

毎日毎日DMM英会話を続けています。
でも思ったことが表現できるようになっていません。

先生の言うことは大分聞き取れるようになりました。
でもどうしても聴き取れなくて先生にchatbaxに
入力をお願いする単語があります。

入力してもらった単語を確認すると
「あれ、こんな簡単な単語?」と
思うことがあります。

知らない単語ならば、聴き取れないのは仕方ありません。
でも知っている単語です。

知っている、自分でも使っている単語が
なぜ聴き取れないのはなぜでしょうか?

何かヒントはないかと、Youtubeを検索してみました。

すると
『黒坂岳男多読channel』
に行き当たりました。

『黒坂岳男多読channel』

英語を習得する順番は、
read > write > listen > speak で
知らないwordは聴き取れないとありました。

確かにその通りです。
初めて見たり聞いたりする単語は聴き取れません。

こんなこともありました。

以前padcastから聞こえた
「sample sentence」が
何度聞いても、スピードを落としても聴き取れませんでした。

日本語や英語を聴くときに
私たちは次の単語や文章を推測しながら聞いていると思います。

正直、sampleもsentenceも両方とも知っています。

でも日本語の
「サンプル」は4音節、「センテンス」は5音節。

英語の「sample」2音節、「sentence」2音節です。
音節も発音も違います。
カタカナ英語に邪魔されて意味が入ってこなかったのです。

発音を知らないwordは聴き取れません
でも間違ったカタカナ英語も聴き取れません!

それを聞き取れるようになるためにinputが必要だと
思いました。

以前、基礎英語3のdictationを毎日行っていました。
とても時間がかかる上に効果が感じられず、
止めてしまいました。

今から考えると、そのdictationで
自分の思っている発音と実際の発音の違いを
矯正できていたと思います。

ちゃんと続けていればよかったと後悔しています。
明日から再開します。

また頑張ります。