今日のワクワク

読書とアラフィフ

読書が趣味です

子どもの頃から本を読むのが好きでした。

アラフィフの今では、
小説、自己啓発本、暮らし、健康、趣味等々
まんがも好きです。

でも最近は、読んでも題名や作者が
覚えられません。
さらっと読み流しているからか、
内容も頭に残らないことが多いのです。

さらにひどい時は、
買ったことさえ忘れています。

本棚を整理していて
「そう言えばこの本買っていた」と
手に取ってやっと思い出します。

買った後に読んでいて、
「読んだことあるなぁ」
と思い、本棚を見ると持っていた
ということもありました。

なぜ覚えられないのでしょうか?

  1. 内容が好きではない
  2. 重要ではない
  3. 役に立たなかった
  4. 思い入れがない

思いつく理由を並べてみました。
でも忘れていた本の中には、
上記の理由に当てはまらない本も
あります。

それは認めたくないけど・・・

単純に年を取って、
記憶力が衰えてきたのかもしれません。

せっかく読んでも忘れしまうのでは、
残念です。
なので、手帳にメモしていこうと
思います。

衰えてきた記憶力を補うために、
メモの力を借りようと思います。

以前何度も、専用の「読書ノート」を作りました。

今までにも読んだ本の内容を控えておこうと
何度か挑戦しました。
ですが、続きません。

書きたいときに家に置いていたり、
書くことに一生懸命で本を読むスピードが
落ちたり、書くことが面倒になりました。

さらに言えば、
昔は自分の書いたものを
読み返すことが嫌いでした。
気恥ずかしくて!
だから書いて終わりで、
読み返しませんでした。

意気込んで始めるから、
毎回気に入ったノートを買っています。
何冊も、最初の2~3ページだけ
使ったノートができました。
とてももったいない話です。

なので、専用ノートではなく、
普段持ち歩くスケジュール帳に書いてみます。

  • 専用のノートは作らない
  • スケジュール手帳の空きスペースに書く
  • 書くことに一生懸命にならない
  • 読み返す
  • 読み返すときに、頭の中で人に説明してみる

空きスペースに書くので、
後から探すのは大変です。
タイトルの下にマーカーでラインを
引いていると少しは探しやすいかな。

負担にならず続けられて、
探しやすい方法はこの先も
探したいと思います。