英語

retellingとは何だろう?

retellingとは何だろう?

英語の勉強を続けています

基本に戻ろうと
NHK基礎英語レベル2を毎日聴いています

内容は中学2年生レベルのラジオ講座です
英文は読めば内容は理解できます

ところが!
ここに出てくる英文を自分ですぐに作り
話すことができません

瞬間英作文ができないのです
読めるのと話せるのは違います

この講座を利用して次のような練習をしています
1 瞬間英作文
2 英文を口に慣らす

机に向かってラジオを聴く時間の余裕がなく、
家事をしたり、お風呂に入りながら聴いています

そんな中で
今まで気に留めなかったのですが、
講座の中には「リテリング」というコーナーありました

retellingについて調べて見ました

調べてみると
「読んだ話を自分の言葉に直して話す活動」
とありました

今の学校での英語学習にも取り入れられており、
次の効果が期待できるようです

<効果>
①語彙力と表現力を身につけられる
②内容を把握する力を身につけられる
③自分の言葉で表現できるようになる

でもこの作業は日本語でも難しいです!

例えば昨日読んだ本を
誰かに伝えることを考えてみます

日本語で書かれた本を読み、
日本語で内容をまとめて表現することは
少なくとも私は苦手です

一方、日本語でこの作業ができれば
仕事でもプライベートでも役に立ちそうです

retellingに挑戦してみよう

日本語でも英語でもこの作業をやれれば
力がついて一石二鳥かもと思いました

例えば
①スキットを聴く(listening)
②内容を日本語で二文にまとめる(日本語作文力)
③英語に訳す(writing)
④答え合わせ
⑤何度も話す(speaking)

こんな流れでやってみるのは
どうでしょう?

NHK基礎英語のretellingコーナーの中では
内容をまとめた文章が二つ読み上げられるので
二文にまとめるとしました

さっそく今日から実践してみます
目標に向かって頑張ります!